地元の人に
愛される
名店

  • 奈良県

70年間変わらず愛される奈良の和菓子「横田福栄堂」のみそせんべい

みそせんべい

どこにどんな美味しい店があるのか、たいてい地元の人に聞けば、

我が子を自慢するかのように、喜んでいろいろと教えてくれるものですよね。

奈良の街でお菓子というジャンルで秀逸なところとは?

そんな問いには、きっと大和西大路の和菓子「横田福栄堂」という答えがすかさず返ってくるはず。

昭和26年創業以来、伝統の味を守り続けている老舗ですよ。

 

近鉄各線・大和西大寺駅北口から徒歩9分で、

奈良時代の象徴も言うべき平城宮跡から歩いて行ける距離にあるんですね。

周辺は落ち着いた住宅街になっていて、まさに地域の皆さん御用達といった雰囲気。

ちなみに、実店舗だけでなく、道の駅や県内の販売店、百貨店、

通販でも入手できるので遠方の方でも安心ですよ。

 

70年もの間、愛され続けているのが、「みそせんべい」という銘菓なんですね。

口に入れた瞬間、ふわっと広がるのは、五徳味噌の味わい。

奈良の食文化でもおなじみの食材で、長期に渡って熟成されたものが生地に練り込んであるんですね。

限られた職人さんだけが焼きを担当できるというこだわりぶりもかなりのもの。

繰り返しいただける飽きのこない味だから、これほど長く受け入れられているのでしょうね。

 

もちろん、これだけではありませんよ。

鹿をモチーフにした「鹿サブレ」やピーナッツが入った「豆板せんべい」、

東大寺の大仏や五重塔、金剛力士像といった焼き印が施されている

「天平の瓦せんべい」にも注目しておきたいですね。

 

「吉野風物詩 くず餅(小豆)」は、くず餅ファンにとってはたまらない逸品。

ちょっと変わったものでは、特産品の大和茶を使った「大和茶せんべい」もおすすめですよ。

午後のひととき、これと温かいお茶さえあれば、

きっと芝生に座り込む鹿たちのようにのんびりとした気分でいられますよ。

 

初代から引き継いだ味噌せんべいの味を未来へつなぐ「横田福栄堂」。

今後も、古都に暮らす人たちにとって、欠かせない銘菓処であり続けるに違いありません。

 

[店名] 横田福栄堂
[住所] 〒630-8002 奈良県奈良市二条町1丁目3番17号
[アクセス] 近鉄各線「大和西大寺駅」北口より徒歩9分
[営業時間] 9:00~17:00
[定休日] 日曜日
[TEL] 0742-33-0418
[ホームぺージ] https://www.yokotafukueido.com/

PAGE TOP